B型肝炎の給付金とは

病院日本にはウイルス性肝炎の患者が100万人単位で存在しており、B型は110万人から140万人ほど、C型肝炎は190万人から230万人存在すると言われています。感染時期が不明であったり、自覚症状がほとんどないために、早期に適切な治療を受けることなく進行してしまい、結果として肝硬変や肝がんになってしまう方もいると言われています。

無論、こうした病が発覚した際には即座に適切な医療を受けることをお勧めしますが、同時に覚えておきたいのがB型肝炎に関する情報です。感染時期が不明なケースが多いと書きましたが、B型肝炎に関しては一部感染経路として認められているものがあります。それが集団予防接種です。日本では子供が生まれたあと、様々な予防接種があります。これは今も昔も変わりません。こうした予防接種によって病を防ぐこともできるわけですから、非常に重要な行為です。

しかし、昔に関して言えばこの予防接種において大きな問題点がありました。何かと言えば予防接種に使用する注射器の連続使用です。これによってB型肝炎を患ってしまった方が多数出たのです。そのため、国では注射器を連続使用していた時期に集団予防接種を受けた方が将来的にB型肝炎を発症した際に給付金を用意しているのです。そのため、B型肝炎を知る上でこの給付金に関する知識も欠かせないのです。ここでは、どのような時期に予防接種を受けた方が受け取れる給付金なのかなど詳細をお届けしていきます。

意外と知らない給付金